Skip to main content.
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房

Archives

This is the archive for February 2013

イタリアのメーカーさんとのコラボ(その2)

イタリアの職人さんとのコラボ(その1)の続きを・・・

前回 イタリアでカンティーニュのチェアーE-02&E-03は

作ってもらっていることを書きましたが こんなカタチで来ます



木地のままのパーツです!!なぜパーツかというと

しっかりした強度のチェアーを届けたくて

 パーツで作ってもらって 日本の木工職人さんが

しっかり組みあげます〜




またチェアーのボディーのカラーバリエーションや布張り地のバリエーションがあるため

塗装職人さん・椅子張り職人さん・まとめ職人さんと

いろんな職人さんのリレーによって

作り上げられています〜





ダイニングチェアーとして ドレッサーのチェアーとして

カンティーニュ・シリーズを

 影でささえている名バイブレーヤーです〜
 

カンティーニュのテーブルバリエーション 

猫足の家具は巷にたくさんあるけれど これほどまでに躍動感あふれた脚のラインは
なかなかありません!!





羽のように見える幕板の飾り 少し天板の外側へ湾曲し 
すーっと曲線を描きながら下に伸びたライン
ただの“美脚”ではなく “極めてシンプルで 気品漂う美脚”なのです


この特徴ある脚に合わせ 天板も全体にやわらかな
膨らみを持った形状に仕上げました


国産では他にはない 洗練されたエレガンスなデザインが 今 人気です〜


カンティーニュのダイニングテーブルは 幅1800 1600 900の3サイズ
4人掛けにちょうどいい 1600サイズのアンティークカラーが 一番人気!!


一方 直径745mmの小ぶりでカワイイのが ティーテーブル〜


おうちカフェ的なアイテムとして 最近人気があります〜


丸い天板に花びらのような縁取りをした造形が とってもカワイイ
放射状にのびた矢羽根貼りの美しさも デザインのアクセントになっています〜


家具のなかでも 手に触れる時間の長いテーブルたち
毎日 使う家具だからこそ “木”という自然がもたらす温もりと質感を


どうぞ感じてみてください〜

*ダイニングテーブル詳細ページはコチラ☞http://www.m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=58


ティーテーブル詳細ページはコチラ☞http://www.m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=52

イタリアのメーカーさんとのコラボ(その1)

カンティーニュ・シリーズのチェアー(E-02)&(E-03)は


イタリアのメーカーさん(セディタル社さん)から


輸入しています〜




付き合いはもう20年以上になります〜
 

年に1回 輸入しますが イタリアの職人さんも素晴らしいです!


毎回 毎回 きっちり仕上げてきてくれます〜*写真はE-02のブラックカラー×フルール・レッド(張り地)*写真はE-03ブラックカラー×フルール・ブルー(張り地)

 

また 既製品を輸入しているのではなく デザインの変更・サイズの変更を


お願いしてカンティーニュ・シリーズ限定モデルとして


作ってもらってます〜

チェアE-02 詳細は こちら⇒http://www.m-kobo.jp/blog/continue/index.php?itemid=53

チェアE-03 詳細は こちら⇒http://www.m-kobo.jp/blog/continue/index.php?catid=33&blogid=4