Skip to main content.
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房

Archives

This is the archive for May 2016

表情豊かなチェスト〜

 

カンティーニュのチェストの前板のウェーブは1つの見せ所♡


職人さんが一枚一枚丁寧に仕上げていきます〜

削って

研磨して

突き板貼って

研磨して

切りそろえて

木地の工程だけで



この後 塗装して



ここまでするとエレガンスな表情ができるんですよね〜

そんなリビングチェスト(C-10)は

リビングのサイドボード変わりに

リビングルームに置かれることもしばしば〜



 


☆リビングチェストの詳細はこちら


http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=927




 

今日の仕込み〜

猫脚のテレビボード1500タイプの最終組み立て〜

中央の扉のガラスを 

ピンタッカー&紐で固定

サイドの扉にはオリジナルのシャルマンハンドルを付け

いろんな職人さんのチカラで

キャラクターの濃い

猫脚のエレガンスな

テレビボードが完成〜

 




今回はブラウン系統の

カラーリング・アンティークカラーを

仕上げました〜

1500タイプでは1番人気のカラーリングですね〜
 

☆カンティーニュ・テレビボード1500の詳細はこちら

http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=41
近所に咲いてました〜
 

後継機

ベッドサイドに置く ナイトテーブルとして
 
最近はサイドチェストBタイプがちょこちょこと〜
 


エンドユーザーさんはもちろん
 
全国にあるカンティーニュのベットの展示の脇にも

ぼちぼち登場します(お店の方よろしくお願いします〜)
 
先月 廃盤となったナイトテーブル(C-09)の後継機として
 
頑張ってほしいものです〜
 
*サイドチェストB の詳細はこちら

http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=205



 

鏡枠

カンティーニュのドレッサー・アロールの一面鏡の鏡の枠〜


この彫刻のポイントとキレイにまとまった円形のライン〜


デザイナーさんが何回も何回も描いて たどり着いたカタチです〜

実はこの円形にもこだわりが



この円形を描くにあたり

ドレッサーに座った時に鏡の中で


写り込んだ頭が切れないよう 絶妙なラインを描いてます〜

大きな円を縦長に感じさせないよう

円の始まりと終わりをキュッと締める

ここがデザイナー・尾沢氏が仕掛けた

目立たないけど絶妙な隠し味に







もし実物を見る機会がありましたら

ぜひ、アロールに座って

このポイントをチェックしてみてください〜


☆ドレッサー・アロール一面鏡の詳細はこちら


http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=63



 

欄干

 

ワゴンの天板の欄干が特徴の

リリーレーベルのワゴン〜


小さく 細く 繊細なパーツの欄干は

1個1個ハンマーでコンコンと


1つづつ 丁寧に慎重に打ち付けていきます〜

 

 

 

 

 


そんなリリーレーベルのワゴンはキャスターが付いて


コロコロ移動します〜


収納の補助として ドレッサーの脇置きとして活躍したり


またその可愛らしいデザインとコンパクトサイズで


単品としても人気があります〜


☆リリーレーベルのワゴンの詳細ははこちら

http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=66
ドレッサーのルーシィーとの相性は抜群!セットで購入されるパターンが多いです〜





 

飾棚

最近は ブックケースの使い方が少し変わってきているみたいです〜



1段目には 普通に本を収納〜

2段目には ミニ盆栽などのグリーンや置物を〜

3段目には少し大きめな本(雑誌や写真集など)〜

家具としても猫脚や花の彫刻など可愛らしい要素が

ポイントでありますので

いろいろと遊びやすい家具なのでは



生活を楽しむ家具



カンティーニュ・シリーズの目指す家具です〜

PS,ちなみに自分は好きな本をセレクトして収納して日々うっとりしています(笑)





*ブックケース(A-22)の詳細はこちら

http://www.m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=135





 

黒色

プレジデントデスク・エレガンス(I-05)のメインのカラーリングは

ホワイトカラー

 

オフィスに白いデスクがあってもいいのでは〜

しかも

エレガンスなクラシックスタイルのデザインで


そんなコンセプトでスタートしましたが

去年「絶対ブラックバージョンもかっこいいのは?」

ということで写真撮りをしたところ反応も上々で

ちょこちょこ作ります〜

 

黒は曲線のラインを

より一層美しく見せてくれる要素を持っているため

仕上がった時の雰囲気が



どんなオフィスに入っているのかなあ〜






*プレジデントデスク・エレガンスの詳細はこちら

http://www.m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=545