Skip to main content.
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房

Archives

This is the archive for November 2011

ドレッサー アルバ((H-12)

古典的なスタイルのドレッサーの筆頭にもあがる アルバ(H-12)


縦の楕円の鏡には 職人の技術が光る クリ棒を・・・

花柄のカーテンや 少しストライプの入った壁紙などなど 空間の絵が

わき上がってくる そんな雰囲気をもったドレッサーです

また このスタイルのドレッサーを探している女性が多く 

「こんなドレッサー探してた」と よく言われて購入されていきます

そして椅子の張り地の最近の傾向は アンティーク色でもホワイト色でも

フルール・レッドを合わせる 傾向があります


(左)ホワイト色×フルール・レッド (右)アンティーク色×フルール・ブラック





 


小引き出しはジュエリーなどの収納に適した ラシャを貼っています 大きい引き出しには仕切りが付いています




アンティーク色×ゴールド    






ホワイト色×ローズ・レッド

カップボード(A-24)

カップボードというと どうしてもキッチン廻りやダイニングルームの家具と

想像されがちですが カンティーニュのカップボード(A-24)を購入される方は

は少し違うようで・・・

開発当初もいろいろ悩みましたが やはりカンティーニュシリーズのアイテム

ということもあり 基本は美しくエレガンスでありたいということから

今のサイズ(W1000,D410,H1810)というサイズになりました

また ただモノを収納するだけではなく飾りながら収納するということで 

上部はガラス棚はLEDタイプのダウンライトを2灯つけた

キュリオケースタイプに仕上げました 



そんなメーカー側の想いが伝わっているのか 購入されるかたのイマジネーションで

リビングルームに置いてみたい方が多く 置く場所を選ばないボードになっています

お部屋をエレガンスに彩るアイテムとして選ばれはじめているカップボード(A-24)

メーカー側の想いが伝わる瞬間でもあり・・・嬉しいです 勇気が出ます!!





    




スタート

カンティーニュ・シリーズの原案スタートの時は

映画・音楽・街・食事といろんなものを取り混ぜながら

スタートをきります

例えば 彫刻のラインなども 音楽をイメージして

単調にならず リズムをつけ 強弱をつけ 美しいラインを探していきます



ドレッサーなども オードリー.ヘップバーンやクレタ.ガルボが似合う

ドレッサーを創ろうよとか・・・端から見ると???と思われますが

意外に尾沢氏もジブンも本気だったりしています

そんな いろんなものから エッセンスをもらっているカンティーニュ・シリーズ

2011/後半戦の新作が立ち上がりつつあります

詳細は またこの日記にてアップしていきます〜
綺麗ですね〜JAZZからPOPSまで銀座は刺激的な街