Skip to main content.
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房

Archives

This is the archive for April 2006

6月の家具メッセにむけて・・・

今 工房では通常の商品とは別に 新しい新型の家具を製作しています。静岡では 6月に 家具の新作発表展示会を行っていて そのための新商品です。
 毎年恒例のこの展示会なのですが、新作を生み出すのは (どの業種もそうですが)本当に 大変ですね。
新しいデザインが 枯れることなく湧いてくれば良いのですが 温泉や湧き水も枯れてくることもあるように その時代の流行や 各社の個性を考えて 新しい物を生み出すのは なかなか・・・・(>_<)
 そんな中でも こだわりつつ 個性的に キラッと光る新作を求めて 私達は試行錯誤です。 作るほうも必死で技術を駆使して 木の特徴を見ながら 形を整え 色を決め 1つの商品になっていきます。
 その姿を見ていると 家具がだんだん生き物のように見えてくるから 不思議です。裸で立っていた木が 洋服を着て イメージチェンジするように 変化していくのです。 思い描いていた図面が 出来上がっても 形にしたら綺麗じゃなくて 実物を作りながら 綺麗なラインを作りあげていく様子は 子育てと同じで 教科書どおり図面どおりにいきません。でも 2次元のものが 3次元に変化して 色が入り 金具がついて 完成したときの達成感は なんとも嬉しいものがあります。そんな試行錯誤の我が社の様子を 少しだけ お伝えしようと思い 写真にとって見ました☆今年生まれた完成品は 是非 6月の展示会で ご覧下さい(^_^)/~

本社に・・・

会社の紹介をしましたが、その続きを・・・
本社に入ってすぐの玄関先に かわいい「田の神様」がいます。女性の陶芸家の作品ですが、とても可愛くて 気に入っています。にこやかな笑顔は 創られている人形なのに とても優しくて 本社に来るお客様や 出勤してくる社員を 見守ってくれているようです。そして本社入り口には 工房の常務が手塩にかけた花が 今、満開です。色とりどりの 花達も 忙しい毎日を送る私達に ふと おだやかな気持ちを取り戻させてくれています。癒しを求めて旅行に行くのも 良いことですが、何気ないところに 誰かの優しさを感じて 癒されるって嬉しいことですよね☆さらに 工場は少し離れているのですが ここが又 秘密の癒しどころなんです。山のすぐ脇なんですが 鶯の声が聞こえたり、雨が降ると山の匂いが立ち込めます。工場のすぐ目の前に農家のお宅の広い庭があり 梅の花や 桜の花、季節ごとの花が咲き 無料で眺めさせていただいてます。
そんな環境の中で、優しさを織り込みながらこだわりのある家具を 創作しています。   

☆お待たせしました☆

いよいよブログを書かせていただきます☆今まで2回程 プロの方にお願いしていましたが、これからは 工房の社員が 商品の事、会社の様子、気になった様々な事を 皆様とお話させていただくように ブログでお伝えしたいと思います!(^^)!

では 松永工房の紹介をさせていただきます☆

松永工房は 設立35年 静岡市郊外の 山と川に囲まれた、のどかな場所で家具を創作しています。初めはドレッサーメーカーとして 誕生しました。そして今は アンティーク調のカンティーニュというシリーズを中心に リビングやベッドルームの生活を彩るアイテムも 作っています。2代目の新人社長と共に 50〜60歳のベテラン達と 20〜40歳代の若い社員達が これからの生活シーンや、これからのお客様を考えながら、今までの技術を継承していきます。美しい形を求めて 一途に創り続ける、そんな愛すべき社員に支えられて 松永工房は これからも創作し続けます。ブログも創作していきますので、これから どうぞよろしくお願いします(^_^)/~