Skip to main content.
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房
松永工房

今年ラストの仕込み〜

さあ 今年最後の新作の仕込みが開始!!

ラフスケッチ

原寸スケッチモックアップ原寸図面試作開始




完成は・・・年内発表予定です〜

開発アイテムは 子供から大人まで使えるデスク



カテゴリー的には学習机になるのか



しかしそこはカンティーニュ デザイナー尾澤氏がデザインするデスク

ロマンティックで


エレガントで



ということで ネーミングにまた悩むけど

このデスク



只者ではない(現段階で)

完成が楽しみです!!


 

パーティションタイプ・・・

今年のカンティーニュの中にあまり聞きなれないネーミンが



シェルフ パーティションタイプ



「パーティション」



訳すと「間仕切り」



そうなんです!


このシェルフ 間仕切りになるんです〜




両面デザインされていて お部屋の真ん中に置いてもOKなフェイスをしてるんです!


あとは もうディスプレイシェルとして 


小物や植物を飾ってもよし!!


オーディオをいてもよし!!


暮らしを彩る家具なんです〜




全国の家具屋さんにも展示が始まりました〜


実物いい仕上がりです〜




ぜひ

見て

触って

感じてみてください〜


*シェルフ パーティションタイプの詳細はこちら

http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=1041


 

艶のある家具

カンティーニュのクラシカルでエレガントなデザインに

ブラックカラーを







しっとりと艶っぽいカンティーニュのブラックカラー




ブラックは光を反射しない色

木の質感

優雅な曲線

手彫りの彫刻などのカンティーニュのエッセンスを

より美しく際立てます




ブラックベースでまとめるコーディネートは

デザインの枠組みを超えて

モダンのシャープなデザインの革張りのソファーと合わせることも




レッドやゴールドの小物でアクセントをつけて

自分だけのラグジュアリーな空間を作ってみては〜



 

いよいよ販売開始です〜

ドレッサーのスカーレットがいよいよ販売スタートします〜



ここ数年 照明(LED)付きのドレッサーに挑戦し続けてきました〜

少しづつですが 変化を繰り返して

よりロマンティックに

よりエレガントに

よりカンティーニュに







そんな想いで挑戦し続けてきて

2017年初夏 ドレッサー・スカーレットが完成!!




今回は お好みの椅子や照明の有無を選べるようセッティング〜

お客様のニーズにできるだけ近づけるよう バリエーションを考えました〜

仕様内容やプライスが細かくパターン別に

セレクトできるようにしましたので

どうか HP・カタログVol24(8月下旬完成予定)でご確認ください!!

では カンティーニュの新作ドレッサー・スカーレットを

よろしくお願いします〜

*新作ドレッサー・スカーレットの詳細はこちら

http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=1043



 

1stロットただいま製作中!!

カンティーニュの新作シェルフの木地仕上げ中♡

葡萄の彫刻の 仕上げ研摩!

ここでキレイに研摩してベースをしっかり仕上げないと

次の塗装工程での 塗料のノリが







また最終段階の組み立ても複雑〜

全てが曲線と曲面で構成されてるので 

固めるにも わずかなポイントを見極めて

適正なチカラで 徐々に固めていきます〜



 
ということで

カンティーニュの新作のシェルフ パーティションタイプ(A-34)の

1stロットの完成まであと少し〜

ただいま予約受付中です〜

*シェルフ パーティションタイプ(A-34)の詳細はこちら

新作ドレッサー・スカーレット

今回の新作ドレッサー・スカーレット

テーマは

「カンティーニュのデザインにLEDライトをどう馴染ませるか〜」


デパートの化粧品売り場のミラーには普通についてるLEDライト〜

しかもかっこよく収まっている



ということで 新宿伊勢丹さんや銀座三越さんなどの

化粧品売り場を

何回も視察〜



そして

イメージが固まったら

デザイン画スタート〜

ラフスケッチがまとまりだしたら

今回は原寸大のスケッチで

ボディーバランス



デザインディティールをチェック!!




デザイナーの尾澤氏のこだわりの<絵>を元に

木工部の職人と金具・照明などを仕込む職人と

この<絵>をどう形にするかを なんどもなんども検討!!

模型を作っては 確認作業!!

模型はなんども作り直して

その度に<絵>も描き直し



そして




やっと





カタチに



デザイナーと職人の粘りで

時間はかかったけど

完成

出来上がりの感想は



いや〜いい感じですね〜

これはオンリーワンのドレッサーですね〜

ザ・カンティーニュのドレッサーですね〜

1stロットのはこれから製作に入ります〜

ということで

ただいま予約受付中です!!




*ドレッサー・スカーレットの詳細はこちら

http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=1043





 

新作を作る・・・

出逢いに感謝!!

カンティーニュの新作・シェルフ パーティションタイプ(A-34)の

予約オーダーが入り始めました〜




新作ナイトテーブル2同様

SNSやホームページを見てくれてオーダー



新作を作って それに反応してくれる

フェイスブックでの「いいね」



コメント

そして

オーダー

この瞬間のために新作を作ってると言っていいくらい嬉しいです〜

何ヶ月もかけて 何回も描き直して 何回も作り直して







また前を向いて作れます〜

☆カンティーニュの新作・シェルフ パーティションタイプ(A-34)の詳細はこちら

http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=1041

 

〜椅子張り加工〜チェアー(E-02)篇

チェア−(E-02)のファブリックの張り加工は

静岡県内の椅子張り職人さんにお願いしています〜
チェア−(E-02)のエレガンスなデザインは

フレーム(木部)の優雅な曲線と

背もたれのカーヴの曲面によって構成されています〜
曲線のフレームに柔らかな厚みを持たせつつ

ファブリックを張っていく技術は 職人の<匠の技>といえます

布の裁断に始まり ファブリックを張り込んでいくところまで

全ての作業は 布を押さえたり 引っ張ったりという

職人の培われた<感覚>によるものです

ちから加減や ちょっとした角度の変化で

一定レベルに仕上げていくことができなくなります
また わずかなのりしろに確実に張りを打ち込んでいく作業も

とても繊細で緊張感の続く仕事です

木地職人から塗装職人からバトンを渡された椅子張り職人

柔らかな丸みを帯び

なおかつ

丁寧にしっかりと張り込まれたファブリックにより

チェアー(E-02)は美しい椅子として完成します〜
ダイニングチェアーとして ドレッサー用の椅子として

カンティーニュシリーズの中でも

欠かせない人気アイテムのチェアー(E-02)

熟練職人さんとの出逢いと 丁寧で綺麗な仕事に



本当に感謝です〜






*チェアー(E-02)の詳細はこちらから

http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=53


 

カンティーニュの新作・ナイトテーブル2の木地が完成しました〜

カンティーニュの2017年・新作 ナイトテーブル2の木地が完成しました〜

ここまできたら あとは塗装して 金具をつけて



5月下旬販売開始できそうです!!




もうすでに SNSやこのホームページで情報を得た


お客様からオーダーが入りつつあります〜

今回のナイトテーブル2はスタンダードタイプ(C-20)と

フットライトタイプ(C-21)の2タイプを用意してありますので 

オーダーの時はネーミングと型番を明確にしてください〜

1stロット まだ少し空きがありますので

ぜひ ご検討ください〜

☆カンティーニュの新作・ナイトテーブル2の詳細はこちらから

http://m-kobo.jp/blog/continue/index.php?blogid=4&itemid=1027